企業情報

HOME > 企業情報 > CSRの取り組み

CSRの取り組み

私たちは、大阪ガスグループの一員として、大阪ガスグループCSR憲章を遵守し、コンプライアンスの推進と人権の尊重に努めます。

私たち大阪ガス都市開発株式会社は、大阪ガスグループの一員として、「価値創造の経営」という大阪ガスグループの基本理念のもと、お客さまをはじめ、株主さま、社会、従業員などすべてのステークホルダーの価値を共に高めていくことを目指します。

この価値創造の経営を実現するために定められた「大阪ガスグループのCSR憲章」を遵守し、企業の社会的責任を全うしながら、大阪ガスグループが持続的な発展を目指して、役員・従業員全体で行動し、コンプライアンスの推進と人権の尊重に努めます。

大阪ガスグループのCSR憲章

人権に対する取り組み

私たちは人権を守ります

人権啓発推進体制

当社では、継続的に人権啓発・教育への取り組みを実施し、人権にかかわる正しい理解と認識を持ち、人権尊重と差別禁止を基本とした企業文化を築き上げております。

そのために、社長を総括責任者とし、人権意識の高揚と日常活動の中で人権に対する気づきを相互にチェックできる体制を構築しています。

体制図

宅地建物取引業人権推進指導員の取得

当社では、社員全員が大阪府と不動産に関する人権問題連絡会が認定する「宅地建物取引業人権推進指導員」を取得することを人権啓発活動の柱としています。

各職場から選ばれた人権啓発推進員は、推進員を務める年度に「宅地建物取引業人権推進指導員養成講座」を受講し、認定を受け、職場での人権啓発活動の中核要員として機能しています。

社員への研修

各職場では、人権啓発推進員を中心に、人権啓発ビデオの視聴や大阪ガス人権啓発センターや人権団体が製作した各種人権教材を使用した人権啓発学習を定期的に行っています。さらに毎年一回、社員全員を対象とした人権講演会を開催しています。

また、継続的に管理者・一般社員・人権担当者を部落解放・人権夏期講座等の社外講習会に派遣し、人権尊重の職場風土を醸成するとともに、社員の人権意識を喚起しています。

関係先への啓発活動

弊社のお取引先様はじめ、関係先にも差別のない街づくりを目指して、人権の啓発活動に取り組んでいます。

コンプライアンスに対する取組み

当社では、コンプライアンス推進活動全般の実行責任を担う「コンプライアンス統括」を中心として、全社的に様々なコンプライアンス活動を主体的に行っています。
例えば、法令や社内ルールの遵守に関する通報窓口「コンプライアンス・デスク」を本社等に設置し、グループ従業員だけでなく、派遣社員、取引先さまの従業員も電話、文書、電子メール等による相談や報告ができ、匿名利用も可能です。

また、業務に関する法令を知るための法務勉強会や個人情報を含む情報漏えいリスクを重要テーマとした社内研修を定期的に実施するなど、従業員の意識の向上を図るとともに、大阪ガスグループ規模で毎年実施する、『リスク自己点検システム「G-RIMS」』を活用することによって個人情報に関するリスク管理の強化に取り組んでいます。
2010年度からは、大阪ガスグループ規模で毎年実施する「コンプライアンス標語」に全社員が積極的に応募をするなど、その活動の幅は年々広がっています。

  • 企業理念・5つのこだわり
  • 会社概要・財務情報
  • ブランドメッセージ
  • プレスリリース
  • CSRの取り組み
  • グループ会社

Urbanex お客さまの夢をかなえる仕組み

アーバネックス倶楽部・友の会

お問い合わせ

賃貸マンション・オフィスパンフレットダウンロード

ページトップへ